2017/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています







やばいやばい、こっち忘れてた。


塾のフライヤー、夏版、完成じゃーーーー!!!!

どこにそんな時間があるの?って思うでしょ。

時間はなかったら自分でつくるのだー!!!


このブログしかご存知ない方、映画やってるんですよ。かわいそうだなと思ったらお金振り込んでください(爆)。


「俺のとこに話こねーな」と思っている方、必ず連絡いくようになってるんでしばしお待ちを。シマちゃんとか、ね。

http://ajimovie.com



 まだオフィスですが、少々熱い話を。

いま「ヴォイス」で45歳のオッサンとやり取りしてて「ハッ」としました。

僕、広告のお仕事でお給料頂いてて、家庭もあって、子どもも二人いて、奥さんも仕事してるから、まぁフツーにやってりゃフツーに過ごせる身分なんですね。

でも、(あくまでも自主制作の)映画のプロデューサーなんてフツーの人から見たら馬鹿げた面倒くさい事を引き受けてしまっているの今日このごろなんです。


お酒飲む時間も寝る時間も、おまけに家族といる時間を犠牲にしてまで何で?と自問自答している日々。


あ、わかった!


「17歳の夏」に戻りたいんです。


そーかーそういうことかー。


「文化祭」の感じです。


広告の仕事も楽しいけれど、広告の仕事はなんか毎日やらなくちゃいけない「部活動」みたいな感じなんです。


映画は年に一度のお楽しみ、みんなでわーきゃー言いながら、ちょっと悪さできる「文化祭」な感じ。


それも17歳の文化祭な感じ。


と同時に女の子に初めて触った、「童貞喪失した青春時代」な感じなんです。



(違うと思う人は去ってよし!)



アメリカ留学時代にボロボロになって一緒に映画作ったヒデ坊が「潤君一緒にやろうよ」と御願いしてきたら断れないじゃないっすか。




一方で、
「俺、今年35歳やで…」とビビリながらも、
水色の七分丈パンツ履いて若作りしてる場合じゃないでとビビリながらも、
「なう」とか「ぱねえ」とか無理して使ってるなとビビリながらも、


たぶん「おめーらには負けない」という自信もちゃんとあったりして。



「難しい」は言っても「無理」とは言わせないをモットーに、明日ドンガラガッシャンな感じで頑張ります。



なんか酔っぱらってなくてもこんな文章なのね、俺。



ほいだら仕事に戻ります!ばいなら。




やばいやばい、こっちのブログの更新忘れてた。

アクセス数激減にちょいビビリ。

今、映画やってます。

とはいえ、街興しも、塾も、日本一周自転車旅のサポートも、

もちろんもちろん本業の広告の仕事も、ちゃんとやってます。

全て、全力で、何事も、疎かにせず。

週末、また高松です。


http://www.ajimovie.com








今年も作りました、大阪で小学生のこどもたちに農業体験をさせている「わくわく探検隊」の活動報告書。

今年は宝の地図風にしてみました。どう?

今年もやっぱり写真の中のこどもたちのキラキラした笑顔にズッキュンドッキュンでした。

本年度も色々やらせてもらいます。






またまた行って来ました、わが故郷。

こどもたちが農作業を体験できるイベント「わくわく探検隊」のプロモーションビデオの撮影。

もちろん、ちゃんとギャラも出てますよ(爆)。

何度訪れても思いますが、ほんと「田舎やなぁ〜」って。



でも、なんか今回はいつになく「いいトコだな〜」って思ってしまいました。

大人になったんでしょうか。

「ここにしかないものがある」って素敵だなって。

「ここにしかないものを守ること」って大事だなって。

土曜日はそのこどもたちがお世話になっている農家さん「畑中農園」をフィーチャーした「人生の楽園」のオンエアでした。

その畑中さんのおうちでワンセグ携帯でオンエアを見ながらラ−メン食べて、何か変な感じでした。

キヨっさん、見ててくださいね。僕も微力ながらこの街盛り上げていくんで。

だって、小さい頃いっぱいいっぱい遊ばせてもらった場所ですから。



(*畑中農園のお母さんと探検隊隊長のホット君)






映画のホームページ、とりあえず箱なり、枠なりが必要だったのでペッペッと半日で作っちゃいました。

みんな誤解しているけれど、ファイナルカットでガツガツ編集したりフライヤーデザインしたり、ホームページ作ったりできるプロデューサー、たぶん世界に3人くらいしかいないかんね(爆)。

色々楽しい仕掛けを構想中なんでこちらにも遊びにきてやってください。

ていうか寄付金お願いします(これはまじ)。







行ってきました、香川県高松市庵治町へ。

この地に降り立った瞬間、後戻りはできないぞと自分を奮い立たせながら、

結局毎晩飲みまくりでヘロヘロになったり。

それにしても濃い2日間でした。

今回の映画は庵治石という石細工の職人さんの物語なのですが、町の職人たちをたばねるボス的な存在の人がとても熱くて優しくてカッチョエーおっさんでした。惚れました。

「大バカになってこの映画やりきってください」

背中を押されました。





ずっと、ずっと、ずっと、小さい頃からの夢だった、映画を作るという事。


もちろん今までも様々な形で映画製作には関わってきたけれど、なんだか今回は特別。




終わったら、たぶん、泣くな。



いよいよスタートです。見てて下さい。





明日から2泊3日で高松です。

映画のプレロケハン。というより資金集め御願い行脚。というより香川うどん初体験ツアー。

セカチューのロケ場所で有名な庵治町という所にいってきます。

はしゃぎすぎず、張り切ってきます。

ここから始まる、2010年最大イベント。

応援してください。










今年も募集するみたいです。

「楽しそう!参加してみたい」と子どもたちが思ってくれれば成功です。

色々つくってます。






知らなかった。とんかつ「まい泉」の本店が表参道だったなんて!

その事実をロス帰りのカズさんケイタさんに教えてもらいました。

今日はそんな「まい泉」でパワーランチミーティング。

このお二人、今日が初めましてなんですが、初めて会った気がしないのが、あら不思議。

ロサンゼルスで色々やられている方なんですが(説明がザックリ)、僕が知り合ったのは

「おかわりだいすき」という世界中に住む子どもたちに日本のことを知ってもらう、触れてもらう、感じてもらうコンテンツ盛りだくさんのウェブサイトにお力を貸してあげたのがキッカケなんです。

「海の向こうで勝手にやってるわー」くらいに思ってほったらかしにしてたのですが、

なんか実際お会いして話しを聞くと、考えてることドンピシャ同じだったりするんですね。

ほんと人って会わないと始まらない。

そして、今日また新しいことが始まりました。

ほんと、今年どうなるんだろ。


にしても2人ともイケメンなオッサンだったなー。