2018/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


 まだオフィスですが、少々熱い話を。

いま「ヴォイス」で45歳のオッサンとやり取りしてて「ハッ」としました。

僕、広告のお仕事でお給料頂いてて、家庭もあって、子どもも二人いて、奥さんも仕事してるから、まぁフツーにやってりゃフツーに過ごせる身分なんですね。

でも、(あくまでも自主制作の)映画のプロデューサーなんてフツーの人から見たら馬鹿げた面倒くさい事を引き受けてしまっているの今日このごろなんです。


お酒飲む時間も寝る時間も、おまけに家族といる時間を犠牲にしてまで何で?と自問自答している日々。


あ、わかった!


「17歳の夏」に戻りたいんです。


そーかーそういうことかー。


「文化祭」の感じです。


広告の仕事も楽しいけれど、広告の仕事はなんか毎日やらなくちゃいけない「部活動」みたいな感じなんです。


映画は年に一度のお楽しみ、みんなでわーきゃー言いながら、ちょっと悪さできる「文化祭」な感じ。


それも17歳の文化祭な感じ。


と同時に女の子に初めて触った、「童貞喪失した青春時代」な感じなんです。



(違うと思う人は去ってよし!)



アメリカ留学時代にボロボロになって一緒に映画作ったヒデ坊が「潤君一緒にやろうよ」と御願いしてきたら断れないじゃないっすか。




一方で、
「俺、今年35歳やで…」とビビリながらも、
水色の七分丈パンツ履いて若作りしてる場合じゃないでとビビリながらも、
「なう」とか「ぱねえ」とか無理して使ってるなとビビリながらも、


たぶん「おめーらには負けない」という自信もちゃんとあったりして。



「難しい」は言っても「無理」とは言わせないをモットーに、明日ドンガラガッシャンな感じで頑張ります。



なんか酔っぱらってなくてもこんな文章なのね、俺。



ほいだら仕事に戻ります!ばいなら。




スポンサーサイト


comment









trackback